土地名義変更の基礎知識

土地の名義変更をする場合、不動産を相続するケースが多くなります。

人生の中でそうそう経験する事ではありませんが、不動産を所有している場合はその可能性もあるので、土地名義変更の基礎知識について覚えておくといいかもしれませんね。

まず土地名義変更には手続きが必要です。

手続きには必要となる書類もいくつかありますので、それを見ていきましょう。

土地を相続する場合には、相続人である事を証明するために戸籍謄本と住民票が必要です。

これは相続する理由や形式によっても変わります。

遺言書により土地を相続する事になった場合は、それを証明する遺言書が必要です。

必要書類は大体このくらいですが、手続きを自分で行うのはとても複雑で難しいため、専門家に依頼するのが一般的です。

この場合弁護士でもいいのですが、司法書士でも代理人となれるので司法書士に依頼する事になります。

土地名義変更の手続きを司法書士に依頼する場合は、委任状を作成します。

これも司法書士に依頼すれば、委任状を含めて必要書類も作成してもらえますし、手続きも全て代行してもらえます。

土地名義変更には費用がかかる事も覚えておきましょう。

手続きの際、司法書士に依頼する場合は手続にかかる費用の他に、別途司法書士報酬もかかります。

土地名義変更にかかる費用は、登録免許税ですがこれは土地の条件によっても変わりますので一律ではありません。

固定資産税に1000分の4をかけて算出します。